スポーツ歯科

あなたのスポーツパフォーマンスを最大限に発揮するために!開成会グループから提案する最新のカスタム・スポーツマウスガードをご提案いたします。私たちは患者さんのスポーツライフを応援しています。

スポーツマウスガードの有用性

スポーツマウスガードの役割

スポーツマウスガードの装着によって、下記の効果が期待できます。

  • 01顔面に対して前や横から直接受ける外力から歯や歯茎・あごの骨を保護します。
  • 02外力による唇、舌、頬の粘膜の損傷を防ぎます。
  • 03下あごに衝撃が加わったとき上あごとの接触から歯、歯茎・被せ物などを保護します
  • 04外力からの顎の関節を保護します。
  • 05スポーツ時の強度の食いしばりに対し直接的な歯の接触が回避できるので歯や歯茎を保護できます。
  • 06脳震盪を防ぎます。

外傷に対する調査結果

スポーツマウスガードは実際の事故を防ぐために非常に有効な手段として、下記の調査結果が出ています。マウスガードを常時使用する場合、外傷の発生率が約3分の1に減少します。

出典:愛媛県歯科医師会「スポーツによるケガについて」

市販品と歯科医院で製作するオーダーメイドマウスガードの違い

スポーツマウスガード(スポーツマウスピース)はスポーツ用品店などで販売されているものがあります。市販のマウスガードは、お湯で合成樹脂を軟化させご自身で適合させていくものですが、競技の試合中などずれたり、はずれたりする事例が多くお勧めできません。

適合が良くないマウスガードは発音がしにくいです。また咬み合わせを考慮していないマウスガードは、顎の関節をかえって悪くしたり、プレーに集中できなかったりと不都合なことが多く生じてしまいます。対して歯科医師が作成するマウスガードは、市販品のような不都合はなく、しっかりと食いしばれるマウスピースを作成することができます。また、オーダーメイド作成なので、競技によって必要な厚みや硬さ、材質も選択いただけます。

プロ選手のほとんどは歯科医師によるオーダーメイドのマウスガードを採用しています。オーダーメイドで作られるマウスガードと比べ、市販のマウスガードの保護能力は10分の1といわれています。

市販品とオーダーメイドの違い

比較軸市販品オーダーメイド
安全性低い高い
フィット感劣る優れる
オリジナリティ無し有り
アフターケア無し有り

マウスガードが必要なスポーツ

マウスガードの着用義務があるスポーツ

義務スポーツ
着用義務アメリカンフットボール、ボクシング、キックボクシング、総合格闘技、テコンドー、ラクロス、フィールドホッケー
一部着用義務ラグビー(13〜19歳)、アイスホッケー(U-20)、空手(組手)、インラインホッケー(18歳以下)
着用推奨野球、ソフトボール、バスケットボール、サッカー、ハンドボール、バレーボール、テニス、陸上競技(投擲・跳躍)、ウェイトリフティング、柔道等

スポーツの競技・団体によって、装着する場合の注意事項(色の指定等)や装着が認められていない競技や団体があります。ルールは適宜更新されますので、必ず競技ルールをご確認下さい。

メッセージ

スポーツを頑張っている中学生、高校生、その保護者、指導者の皆様へ

失ってしまった歯は二度と戻ってきません。また脳震盪は一度起こすと、繰り返し起こりやすくなります。スポーツにおいて安全対策は何よりも大切です。歯や顎の怪我は、特に動きや接触の激しいスポーツで起こりやすいです。成長期の子供達が在籍するスポーツ団体や学校のクラブ活動においては、先生や指導者の方々のスポーツマウスガードに対するご理解が非常に重要となります。スポーツマウスガードでお子さまの大切な歯を守りましょう。

選手の皆様へ

スポーツマウスガードは怪我の防止だけでなく、パフォーマンスの向上効果があるとも言われています。競技者は、一般人よりかなり早く歯の摩耗が進みます。一般的に競技期間より、その後の期間の方が人生において長いと考えられます。歯や身体のダメージをできるだけ避けて、競技人生後の生活を有意義に過ごすために、マウスガードを歯科医院で作製することを推奨します。

東京都内・千葉県内に8ヵ所の歯科医院、海外はインドネシア、
シンガポールの5ヵ所の総合病院と提携するグループです。

〒134-0084 東京都江戸川区東葛西6-1-17-7F

TEL 03-3877-8008(代表)