src=
医療法人社団開成会
menu
HOME
診療案内
クリニック案内
医療理念
初めての方に
診療科目のご案内
歯科一般
小児歯科
矯正歯科
歯科口腔外科
訪問歯科
インプラント治療
ホワイトニング
クリーニング
予防歯科
スタッフ
各診療所
Q&A
トピックス
求人案内

問い合わせ

苦情


診療科目のご案内 歯科口腔外科
口腔外科における管理システム

外科処置においては高度の全身管理が必要とされるため、歯科麻酔専門医の管理下において、皆さまに安心して受診いただけるように対応しています。
難症例や外傷・悪性腫瘍等、大きな施設・設備下で対応可能な症例に関しては、提携医療機関中最適と思われる診療科の専門医に、直接ご紹介をする連携システムをとっております。
口腔外科で扱う症例とは

自家歯牙移植
歯が抜けた場所への外科的治療法には、歯牙移植とインプラント(人工歯根)があります。
自家歯牙移植とは、智歯や歯列から外れて抜歯の必要のあるご自身の歯を、歯の喪失部位に移植再利用する方法です。
移植歯の根の形態が、移植する部位の骨の条件に合う場合には、治療の第一選択になります。


保存不可能な第2大臼歯を抜歯

智歯を抜歯した部位に移植

口腔粘膜疾患
口腔内の軟組織に発生する病変には、口腔粘膜が発生源であるもの、全身疾患の一症状として現れるもの、皮膚疾患との関連で現れるものなどがあります。
病変の形状は多種多様で、中には自覚症状がないまま経過し、容易に癌化するものもありますので注意が必要です。
初期のサインを見逃さず、適切な処置をすることが最も重要ですので、何か気になる変化を見つけたらすぐにご相談下さい。

開成会では、定期検診の際に、虫歯や歯周病ばかりでなく、口腔粘膜のチェックも行っております。

智歯周囲炎
智歯とは1番最後に萌出してくる最後方臼歯のことで、親知らずまたは第3大臼歯といいます。
食生活や生活スタイルの変化により、現代人は小顔化して顎(あご)が小さくなり、親知らずが生えてこなかったり、スペースが不足して傾いて生えたり顎のなかに埋伏するケースが多くなりました。

半埋伏智歯

水平埋伏智歯
親知らずのリスク要因とは

智歯周囲炎の原因となる
親知らずの歯質の一部が露出すると、一番奥の清掃性が悪い場所のため、周囲の歯肉が不潔となり炎症をおこします。
体の抵抗力が落ちると、炎症が急性化し広範囲に波及するため、開口困難や顔面に及ぶ腫脹、激しい疼痛を引き起こす原因となります。

親知らずとその前の歯がむし歯になりやすい
親知らずが、前の第二大臼歯にぶつかって斜めに生えていると、歯と歯の間に汚れがたまり虫歯をつくりやすくなります。
親知らずの存在が原因で、第二大臼歯をいっしょに虫歯にしてしまうことは、絶対に避けたいことです。

歯並びの不整の原因になる
親知らずの存在は、歯を前に押していく圧力となるため、歯並びのズレの原因となります。
前歯が重なってきたり、前に出てきて、歯並びのズレを実感することがありますが、これは審美性の問題だけでなく、顎関節の障害を引き起こし噛み合わせを悪くします。

智歯(親知らず)の存在は、上記のようなリスク要因となり、様々な問題を引き起こす可能性がありますから、口腔内を十分に診査した上で、必要とされる場合には抜歯をお勧めします。



   | 医療理念 | 初めての方に | 診療科目のご案内 | インプラント | 審美歯科 | ホワイトニング | 予防歯科 | クリーニング |
   | スタッフ紹介 | Q & A | トピックス | 求人案内 |


開成会
葛西南歯科医院 - 葛西東歯科医院 - さくら歯科医院 - 押切歯科医院 - 渋谷公園通り歯科クリニック

医療法人社団 開成会  東京都江戸川区東葛西6-1-17-7F  TEL.03-3877-8008(代表)